循環器科

動物の寿命が伸び、ワンちゃんネコちゃんにも心臓の病気が増えて来ています。
ワンちゃんが亡くなる要因として、心臓病は、ガンや腎臓病と共に「3大死因」の1つになっています。

つつじケ丘動物病院では、ご家族と動物達が一緒に少しでも長く元気で楽しい時間を過ごせるように循環器の診療にも力を入れております。
現状では外科的な治療が難しく、心臓自体は一度悪くなってしまうと治らないため、病気の早期発見、早期治療が大事になってきます。

心臓病には先天性と後天性があり、ワンちゃんでは加齢とともに発症する僧帽弁閉鎖不全症が、ネコちゃんでは心筋症や甲状腺機能亢進症に伴ってみられる心不全などがあります。

病気が進行した時の症状はワンちゃんでは咳や食欲不振、チアノーゼなどですが、初期の段階では症状が出にくく、特にネコちゃんでは病気が進行していてお腹の太い血管の血栓症や突然死という事もあります。
心臓の病気は病歴、身体検査、レントゲン検査、心電図、心エコー(超音波)検査などから総合判断します。どの検査も針を刺したりする事の無い非侵襲的な動物に優しい検査です。

当院ではカラードップラーを備えた高画質の超音波装置を使用し、異常な血流や血液の流速、心臓の収縮性、大きさなどを測定し心機能を評価しています。また高周波のプローブを使用する事により大きめのイチゴ程の大きさしかないネコちゃんの心臓の検査も可能です。

↓クリックで拡大

超音波装置

超音波装置

超音波装置画像

超音波装置画像

PAGETOP