手術について

当院はCure&Careを心がけております

手術については、通常の手術では麻酔担当、執刀医、助手の3人以上の獣医師がチームを組んで対応しています。大きな手術では多人数のチームを組む場合もあります。
動物達の苦痛の軽減と素早い回復のため、手術に際して積極的に疼痛管理=痛みのコントロール=を行い、また避妊・去勢手術は「極力小さい切開」で行い早期回復をはかっています。

1.豊富な経験と実績

当院では、避妊・去勢手術の他、整形外科、軟部外科、胸腔外科・口腔外科・など年間500症例以上の手術・処置を実施している実績があります。

2.安心の為の術前検査

当院では安心して麻酔や手術を受けていただくために、必ず術前検査を行っております。血液検査・尿検査・レントゲン検査基本として、年齢や病状に応じて心電図や超音波検査などを追加して行います。
術前検査の実施により、麻酔や手術中の急変や、術後の経過不良などを起こすことを事前に察知することができ、より安全な手術が実施出来ます。

3.安全で確実な麻酔管理・手術

手術の際は基本的に麻酔医、術者、助手の3人以上の獣医師がチームを組み、心電図、体温、血圧、血液中(ヘモグロビン)の酸素飽和度、呼気中の二酸化炭素濃度や麻酔ガス濃度等をモニタリングしています。

4.腫瘍外科

血管の多い臓器や腫瘍(癌)などの手術の際にはアルゴンプラズマ凝固装置付高周波電気メス(ERBE社)の使用することにより、手術時間が従来手術方法に比べ約半分の時間で終わるため、麻酔時間が短縮され麻酔リスクが激減します。
また、血管シーリングシステムを使用することにより近年増加している縫合糸の結紮で起こる縫合糸反応性炎症も起こりません。

5.動物に優しい周術期管理

手術の後の動物は痛みのストレスから食欲が低下しエネルギー消費量が利用可能なエネルギーを上回ります。痛みを緩和してあげることで、傷や病気の回復が早くなるのです。 当院では手術前と手術中、術後に鎮痛剤を投与することで、「痛みのコントロール」を行っております。